バイオマス産業都市とは、バイオマスの原料から収集・運搬、製造・利用までの
経済性が確保された一貫システムを構築し、
地域のバイオマスを活用した産業の創出と地域循環型エネルギーの強化により、
地域の特色を活かしたバイオマス産業を軸とした
環境にやさしく災害に強いまちづくりを目指す地域のことです。
半田市では、畜産ふん尿等を利用したバイオガス発電と、
その排熱・排ガスを利用した植物工場を中心とした4つの事業化プロジェクトにより、
「循環型社会の形成」
「農業の振興」
「畜産臭気の低減」
を目指すと共に、先進的な産業振興を図ります。
  • 畜産ふん尿、食品廃棄物、生ごみを利用したメタン発酵によるバイオガス発電
  • 災害時の市民への電力供給
  • 排熱、排ガス(CO2)を熱源、植物育成促進用として利用し、環境制御された植物工場でトマトなどを栽培
  • 新しい農業の確立と普及、次世代を担う農業者の育成
  • 消化液の耕作放棄地等への散布
  • 飼料作物等の栽培への活用
  • 農家と共に循環型農業を作る取り組み
  • 産ふん尿をメタン発酵施設で受け入れ 臭気を低減
  • 従来の臭気対策に加え、固液分離を促進し、 総合的な対策に協力し臭気を低減

私たち
ビオクラシックス半田
が運営する
「ビオぐるファクトリー
HANDA」は、
この4つのプロジェクト
全てに関わり、
半田市バイオマス
産業都市構想の中心的
な役割を担います。