会社名 株式会社ビオクラシックス半田
事業内容 半田市バイオマス産業都市構想において整備される施設の 設計、設置、維持管理及び運営
・施設から発生するメタンガスのエネルギー化による 発電・熱・排ガス供給事業
・副産物の消化液・乾燥肥料・乾燥物燃料販売事業
・バイオマス資源の処理(一部収集・運搬)事業
・上記に付帯する事業
本社所在地 愛知県半田市吉田町一丁目60番地
代表者 代表取締役 水野貴之
設立 平成29年2月
資本金 9,500万円
関係会社 株式会社にじまち 他
施設名 ビオぐるファクトリーHANDA
施設所在地 愛知県半田市松堀町60-1
処分業許可番号 愛知県産業廃棄物処分業許可 第02320223109号
半田市一般廃棄物処理業許可 指令第7号
取扱品目 産業廃棄物(中間処理)
●メタン発酵
 動植物残さ、廃酸、廃アルカリ、家畜ふん尿、汚泥、廃油
●生物処理
 廃酸、廃アルカリ
●破砕・選別
 動植物性残さ、廃プラスチック類

一般廃棄物(処分)
●一般廃棄物
 生ごみ
平成28年10月 国7府省より半田市バイオマス産業都市構想認定
平成29年2月 株式会社ビオクラシックス半田 設立
令和元年7月 メタン発酵によるバイオガス発電施設
「ビオぐるファクトリー半田」造成工事着手
令和元年11月 メタン発酵によるバイオガス発電施設
「ビオぐるファクトリー半田」建設工事着手
令和3年 秋 「ビオぐるファクトリー半田」営業開始 予定

持続可能な開発目標(SDGs)

持続可能な開発目標(SDGs)は、
2015年9月の国連サミットで全会一致で採択された、
「誰一人取り残さない」持続可能で多様性と包摂性のある
社会を実現するための2030年までの国際目標です。
(株)ビオクラシックス半田では、15項目に取り組んでいます。